other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ アリゴテ ブーズロン 2016 Domaine de Villaine Aligote Bouzeron 2016

残り1点

4,400円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの共同経営者を長く勤めたオベール・ド・ヴィレーヌ氏が、パメラ夫人とともに設立したワイナリーの顔がこのアリゴテ・ブーズロン。 自らの住む村ではブルゴーニュの歴史的品種のポテンシャルを追求し、昨今のアリゴテ・ルネッサンスを大きく先駆けた。 【味わい】 豊かだがこなれた酸。喉元に液体が呼び込まれるようなドライブ感。干し草や熟成を思わせるスモーキーな香り。非常に強いミネラル感。ふくよかで深みのある味わい。ナッティーなフィニッシュ。 【テクニカル・インフォメーション】 アリゴテはクリュニュー派修道士によってブルゴーニュに最初に植えられたブドウで、ピノ・ノワールとグエ・ブランの自然交配品種。ブーズロンに育つものは、多くの生産者やプロが劣等とみなす「アリゴテ・ヴェール」とは異なり、果皮が薄いため成熟すると黄金色になることから「アリゴテ・ドール」と呼ばれる。若いうちはレモニ―でフレッシュな果実味とヘーゼルナッツ的香味、ミネラル感が魅力だが、熟成によってスモーキーな深みと膨らみを得る。 栽培は認証付き有機農法にビオディナミを援用。17の異なる区画のブドウは、平均樹齢約65年。最も古い区画は115年に達する。収穫もソートも手作業で行う。区画別にステンレスタンクで2-3日低温浸漬した後に空気圧プレスで全房のまま優しくプレスし、30-40hlのフードルを中心に、解放桶、古樽などを用いて発酵。フードルで熟成する。発酵中の介入は20-22度に温度コントロールするのみで、バトナージュもやむなく必要な場合(還元的になるなど)以外は行わない。 【ワイナリー】 2022年の引退まで48年間DRCの経営者を務め、その「管理人」を自認してきたオベール・ド・ヴィレーヌが、1971年にアメリカ人であるパメラ夫人と、ブルゴーニュで最初にブドウが植えられた地、ブーズロンに設立。 DRCで世界最高水準の狂信的追及に励む一方で、設立当初は夫妻の名前を課したこちらのワイナリーでは、ブーズロンで歴史的に育てられてきたアリゴテ・ドール種を主体に栽培。国際的市場評価を気にすることなく、歴史的品種のポテンシャルを追求してきた。また、ド・ヴィレーヌ氏は1997年のINAOによるブーズロンアリゴテのAOC制定に大きく貢献。 生産の様々な局面でDRC流を受け継いでおり、栽培はオーガニック(1997年認証)にビオディナミを援用。現在はド・ヴィレーヌ氏の甥ピエール・ブノワ氏がワイナリーを指揮している。

セール中のアイテム